本日はいかがなさいましたか?

がん診療実績

院内がん登録とは

院内がん登録について

院内がん登録は、病院でがんの診断・治療等を受けた全ての患者さんについて、がんの種類(部位・組織型)・病期・受診経緯・治療内容・予後などの情報を登録する仕組みです。当院は地域がん診療連携拠点病院に指定されており、「がん診療連携拠点病院等の整備に関する指針」により、院内がん登録の実施が義務付けられ、院内がん登録集計結果を国立がん研究センターに提供しています。当院におけるがん診療の把握、特徴や問題点を明らかにする事で、がん診療の質の向上と、がん患者さんへの的確な情報提供および国のがん対策に役立てられています。

院内がん登録情報の利用について

登録により収集した情報は以下の目的において利用しています。

  • 全国がん登録を目的とする情報提供
  • 院内がん登録全国集計を目的とする情報提供
  • がん患者さんの予後調査・生存率の集計および分析
  • 予後調査のための市区町村への戸籍、住民票による照会
  • 研究、教育のための資料提供
  • 統計等の作成およびその二次利用

上記の利用目的にご同意しがたいものがある場合は、その旨をお申し出ください。その場合でも診療に関しての不利益は一切生じることはございません。ただし、がん登録に関しましては、がん登録等の推進に関する法律により、登録が義務化されているため、患者さん本人の登録・情報提供の拒否はお受けいたしかねますのでご了承ください。お申し出がないものについては同意いただけたものとして取り扱わせていただきます。

院内がん登録における診療実績

院内がん登録データをもとにした、最近のがん診療実績について公開しています。

がん統計 2020年

当院は、2006年4月より入院症例、2007年より入院・外来症例の院内がん登録を行っています。
国立がん研究センターがん対策研究所より「がん診療連携拠点病院等院内がん登録2020年全国集計報告書」が公開されました。そこで全国集計と福岡県と当院の上位部位別割合をグラフにしました。
※院内がん登録の登録対象:入院・外来を問わず初診で診断・治療の対象となった腫瘍